×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

さとみの妄想伝説
トップページへ

相棒 ウソ感想文(感想文に見せかけた妄想小説です)
シーズン6 第10話 カシオペア殺人事件(前半)

警視庁警務部人事第一課主任監察官大河内春樹(おおこうちはるき:以下、ラムネ)が、
一心不乱にパソコンにデータ入力している。
ラムネに面した席に座り捜査一課の3人(三浦信輔と伊丹憲一と芹沢慶二)がデータ入力している。
この顔合わせは珍しい!
ブツクサ文句を言う3人に「何か不満な点でも?」と睨みつけるラムネ。
この3人は、ドライブ中に偶然、指名手配犯の新井手 入蔵(にいて いるぞう)を発見し、刑事部長の許可も取らずに尾行した。
しかし、この新井手は、公安がすでに尾行しており、それを知らずに3人は、公安の邪魔をしてしまったのだった。

「本来なら懲罰の対象になるところを、私の権限でこの任務についてもらっていることをお忘れなく」とラムネ。
しかしラムネはいつの間にそんな権限を?
バベルのときに急に臨時管理官になったことといい、ラムネの周辺は謎がいっぱいだ!!

一方、特命係の杉下右京(すぎしたうきょう)と亀山薫(かめやまかおる)は、札幌で起きた収賄事件の参考人の帯江 輝(おびえ てる)を、 豪華寝台車カシオペアに乗って送り届ける仕事を、刑事部長に押し付けられていた。

ラムネたちは、過去のテロ活動に関するデータを入力しまくっていた。
ラムネはテロに何か恨みでもあるのだろうか。
もしや、恋人をテロで失った?
……あっ、違った。ラムネの恋人は、ホテルの一室で、首筋をカミソリで切って亡くなったんだった。
あれは切なかった。……テロとは関係ないか。

一日中働いてもちっとも疲れを見せないラムネ。テラ体力!
ハンサムで体力があって仕事が出来るラムネ。
私は不覚にも ”抱かれたい” と 本気で思ってしまった。
だが、よく考えたらラムネはホモなので私を抱いてくれるはずがない。

そこへ、憲一の携帯に薫から電話がかかってきた。
カシオペアの中で殺人事件が起きた!
被害者の名前は、比嘉 石也(ひが いしや)だ。
前科を調べろと薫は憲一に命令した。
憲一は文句を言いながらも比嘉の前科を調べたがナシだった。

右京と薫は車内で推理する。
容疑者は9人。
真座 紺男
(まざ こんお)
高校生。マザコン。喫煙、麻薬、ウソ感想文執筆、万引き、ウソ感想漫画執筆、等の犯罪を繰り返している。
真座 紺母
(まざ こんも)
紺男の母。子離れできない。生まれ変わったら息子と結婚したい。
真座 紺父
(まざ こんふ)
紺男の父。家庭を顧みなかったことを後悔している。
押翌 圭二
(おしよく けいじ)
汚職刑事。「木名田 陽(ぎめいだ よう)」という偽名を使って乗り込んできた。
河井 以蔵
(かわい いぞう)
俳優。無類の女好きで三股交際しているため「Mr.ペーパーブッシュ」と呼ばれている。 1日1時間歯磨きしており、事件が起きた時間帯も歯を磨いていた。「芸能人は歯が命ですから」
安威 ジーン
(あい じいん)
以蔵の愛人。以蔵が言うには「妻には感謝しているし、妻が一番落ち着くのだが、不倫は文化ですから」
狩野 友代
(かりの ともよ)
ジーンの友人で、ジーンの不倫旅行のアリバイ作りに利用される。 しかし、不倫の現場を隠し撮りしてネットで流そうと企んでいた。
渡来 別香
(とらい べつか)
以蔵のマネージャー。熟女。以蔵に片思いしている。
長山 藍子
(ながやまあいこ)
未亡人。夫(入籍していないため正確には恋人)に死なれた日から、心の時計が止まっている。 設定が切ない。全俺が泣いた。
非容疑者は4人
比嘉 石也
(ひが いしや)
殺人事件の被害者。麻薬を売っていた。
帯江 輝
(おびえ てる)
札幌で起きた収賄事件の参考人。冒頭の指名手配犯新井手が爆弾を買うために用意した大金を、奪って逃げようとしたとんでもないヤツ。 だが電車内ではなぜか何かに怯えている
杉下 右京
(すぎしたうきょう)
帯江を護送する警察官。
亀山 薫
(かめやまかおる)
同じく警察官。
いろいろあって、殺人犯を捕まえた右京と薫。

そのころラムネは、冒頭の爆発事件の現場に残された燃えカスのことが気になっていた。
公安の追っ手を逃れた新井手は、爆弾マニアの駁段馬(ばくだんま)と取り引きする為に遊園地に入っていった。
駁は遊園地の清掃員に扮して、新井手を待っていたのだ。
新井手は爆弾を買いに来た。しかし新井手が用意した金は帯江が奪ってしまったため駁の手に渡っていない。
爆弾は渡せないと言う駁から、新井手はムリヤリ爆弾を奪おうとした。そして爆弾が転がり落ちて爆発してしまったのだ。
新井手は死亡。駁は重体。
その爆発事件の燃えカスのことが、ラムネは気になった。 (後半へ続く)

ちなみにこの話は、「カシオペア殺人事件」と呼ばれているが、正式名称はやたらと長い。
「寝台特急カシオペア殺人事件!上野〜札幌1200`bを走る豪華密室!犯人はこの9人の中にいる
1.マザコン 2.その母 3.その夫 4.汚職刑事 5.俳優 6.その愛人 7.その友人
8.俳優のマネージャー 9.長山藍子
だが、右京と薫の活躍により犯人は無事捕まりこいつは春から縁起がいいな!!そして爆弾事件」
長い!

トップページへ 前へ 次へ