×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

さとみの妄想伝説
トップページへ

相棒 ウソ感想文(感想文に見せかけた妄想小説です)
シーズン2 第18話 ピルイーター(第2回)

警視庁警務部人事第一課主任監察官大河内春樹(おおこうちはるき:以下、ラムネ)が、 恋人に死なれた悲しみを押し隠しながら、さっそうと歩く。
ラムネは、特命係の紅茶男杉下右京(すぎしたうきょう)と、コーヒー男亀山薫(かめやまかおる)に、ある事件の真相を調べてもらいに来たのだった。
ある事件とは、部下の湊哲郎(みなとてつろう)がOL中村里香(なかむらりか)と小指をつないでホテルの一室で死んでいた事件だ。
ラムネは、数々の未解決事件を解決に導いた特命係の実力を評価しており、個人的に事件の捜査を依頼しに来たのだった。ラムネはラムネ菓子をバリボリ 噛み潰しながら「やつがと心中するとは思えない」と力説した。
薫が「もしお断りしたら懲戒処分ですか?」と言うとラムネは朗らかに笑った。

ラムネの笑顔、かわいいーー!!
しかもこのシーン、字幕つきで見ると
「アハッ そんなこと思っても見ませんでしたが――」
と書いてある。
アハッだと?!かわいすぎるじゃないか!!驚かせるんじゃないよ!!
これが本当のアハッ体験だよ、全くもう!!

そこへラムネの携帯に来客ありの知らせ。行ってみると湊の妻の杏子(きょうこ:以下、ボーヨ美)が来ていた。
ボーヨ美はいきなり土下座。そして棒読みで「このたびは本当に申し訳ないことをしてしまって」と言った。
ボーヨ美はひたすらラムネに謝り続ける。一体なぜなのだろうか。

遺体のようすを調べる右京と薫。
監察医の話によると、湊は自分で切った傷。里香は自分で切った傷ではないらしい。
つまり湊が里香を道連れに自殺をしたということだ。
合意の上の心中ならともかく、道連れ自殺となると、立派な殺人事件だ。捜査一課も上層部までも大騒ぎ。

刑事部長の内村光良(うちむらてるよし)は、仲の悪い警務部長の阿部高和(あべたかかず)のキャリアに傷をつけたいがために、この事件を殺人として立件。

鑑識の※沢守(よねざわまもる)は、見てきたようなウソ講釈をとうとうと語る。

コンビ・ザ・捜一(三浦信輔と伊丹憲一)も一生懸命捜査する。

右京と薫は、里香がバイトしてた「パブゆうき」に聞き込みに行った。
ここでパブなんかじゃなくボーヨ美のところに聞き込みに行ってりゃよかったのにね。
不倫が原因の事件なのになぜすぐに奥さんのところに聞き込みに行かなかったのだろう。
パブのママが、いろいろ情報をくれた。
ママの名は店の名と同じ「ゆうき」であること。しかしそれは源氏名であり、本名は「美樹子」であること。亭主の名は「悟志」で歯科技工士であること。 湊は一年ほど前に店に来て里香を熱心に口説いたこと。だが、里香が湊に夢中になり湊の体を求めたが、湊がそれに応じなかったこと。

右京と薫は、疑問に思った。
肉体関係もないのに心中などするだろうか。もし道連れ自殺だとしたら、里香が湊を道連れにするならともかく、一線を越えるのをためらっていた湊が 里香を道連れにするのは変だ。

そのころ憲一は、「つまんねえ。被疑者が死んじまってるからつまんねえ。全くやりがいが感じられねえ」と名ゼリフその1を放っていた。
しかしこの時点ではまだ真犯人であるボーヨ美は生きている。急げばまだ犯人の死は止められるぞ!
つまんながってる場合じゃないぞ!!

翌日、とうとう新聞に「湊がOLを殺害した」という記事が載ってしまった。
それを見て苦虫を噛み潰したような顔をしてラムネ菓子を噛み潰すラムネ。
そりゃ恋人が殺人犯扱いされたら不愉快に決まってる。
しかしこのYシャツ一枚の姿。
胸周りでけえなあ!まさか実はすごくいい体してる?!脱いでもすごいんですか?!
胸囲104cmぐらいあるんじゃなかろうな!
こんないい体を独り占めしていた湊が羨ましい!!

この日、右京と薫は事件現場にビールのグラスが3つあったことが気になり、事件のあったホテルに調べに行った。
事件のあった部屋と同じつくりの部屋にやって来た二人。
そして事件の様子を再現してみる。
右京が3つのグラスにビールをついだのはいいのだが、右京がついだビール……

泡だらけだ!

結局この再現で分かったのは、「奥さんが現場にいたかもしれない」ということだった。

しかしその内容はわざわざホテルまで足を運ばなくても推理できたんじゃないか?
わざわざ再現して 、わざわざ泡だらけビールをついでみせなくても、特命係室で推理してすぐに湊家へ直行すればよかったんじゃないか?

奥さんに話を聞くために湊家へ向かう途中で、ラムネに遭遇。
3人パーティーになった彼らは、湊家のチャイムを押した。
何回押してもボーヨ美が出て来ず、鍵も掛かっていなかったので中に入りボーヨ美を捜した。
そして浴室で血だらけになって死んでいるのを発見した。
右京がボーヨ美の手紙を見つけた。
手紙には、自分が中村里香を殺したこと。夫はここは俺が何とかするからお前は帰れと言ったこと。 自分が帰った後、夫が心中に見せかけて自殺したことが書かれていた。

駆けつけた捜査一課たちが、調べて回る。そのとき右京はベランダでラムネが泣いているのを見つけた。

恋人の死が自殺だったと聞かされ、涙を流すラムネ。
なんて切ないんだ。

手紙の内容を見たウッチャンナカチャン(内村光良と中園照生)のお二人は焦る。
手紙の内容がデタラメである証拠を挙げろというウッチャンに対し、憲一は激昂。
「勝手にやりゃいいだろ!つまんねえ!全くつまんねえ!!」
と、名ゼリフその2を放った。

「俺らあんまり役に立たなかったですね」という薫に、右京は黙ってうなずいた。
そして捜査は終了したのだった。


だが翌日……
ラムネが、自宅マンションのベランダから飛び降りて死んでいるのが発見された。
薫は「くそっ!何も死ななくても!」と机をたたいて悔しがり、右京は悔しさのあまり顔をぶるぶる震わせていた。

トップページへ 前へ 次へ